スポンサーサイト






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

配当と株主優待






 株式投資の魅力的な点といえば、おそらくみなさんが真っ先に思い浮かべるのは、持っている株が値上がりすることによる売却益(キャピタルゲイン)ではないかと思います。今回は、株式投資のもう一つの魅力である、配当金や株主優待(インカムゲイン)についてまとめてみようと思います。



 株式会社は、剰余金の額に応じた配当金を、毎年株主に配当することが原則として求められています。利益に対する配当金総額の割合を「配当性向」と呼びますが、この値は製薬やインフラ関連などの成熟企業は高く、逆にこれからの大きな成長が期待される分野の企業では低くなる傾向にあります。これは、事業拡大のための設備投資に必要な金額の差によるものです。

 配当金は一株当たり何円という形で支払われるため、ミニ株や株主割り当てなどにより単元未満の株式を持っていたとしても、その分きちんと受け取ることができます。企業から送られてくる配当領収証を指定の金融機関に持っていくことで、現金と引き換えができます。配当金額が大きい場合には、口座への振り込みも可能です。

 配当金に係る税金は、所得税7%と住民税3%が源泉徴収されるため、金融機関から受け取る際にはあらかじめ合計10%の税が引かれた分を受け取ることとなります。

 配当金の分配される時期は、基本的にはその企業の期末決算出た後の株主総会を経てからの年一回となります。企業によっては、中間配当や四半期配当を実施しているところもあります。

 株価に対する配当金額の割合は配当利回りと呼ばれます。株価が下がれば、その分だけ配当利回りが上昇することになるため、お買い得となります。ただ、業績の悪化で株価が下がっている場合には、減配のリスクを背負うことにもなりますので注意してください。ちなみに、東証に上場する株式の平均的な配当利回りは2%程度で、銀行預金や個人向け国債よりもはるかに高い水準となっています。

 配当金を受け取る権利を得るためには、それぞれの銘柄ごとに定められた「権利確定日」の3営業日前の時点で株式を保有している必要があります。権利確定日は、Yahooファイナンスや企業ホームページのIRコーナー、証券会社のホームページなど載っています。

 権利確定日の翌営業日は、「権利落ち日」と呼ばれます。権利落ち日には、その期に予定されている一株当たりの配当金額の分だけ、株価が下がります(配当落ち)。これは、権利確定日の前後における株主の利益の理論上の差異を調整するものです。

 権利確定日が近づくと、配当金を期待した買いが集まりやすく、株価は上昇する傾向にあります。これは俗に「配当相場」など呼ばれ、売買高も増えます。配当相場による上昇の後には、配当落ちによる株価の下落が必ず起こるため、場合によっては権利確定日以前に売却する方が利益が大きくなることもあります。

 せっかく配当金を獲得しても、その分株価が値下がりしたら吹き飛んでしまいます。権利日付近の相場状況を勘案しながら、適切な行動を心掛けたいですね。

 


 続いて、株主優待の話に移ります。

 株主優待は配当金とは異なり、その企業が自由に実施の可否を決めることができます。配当金と同様に、権利確定日に株式を保有することで、もらう権利を得ることができます。

  優待の中身は、その企業の商品だったり、割引券だったり、図書カードや商品券だったりします。さらに、工場見学ツアーへの招待券などのような個性豊かなものもそろっています。今年の場合は、株主が希望すれば優待の分の相当額を東日本大震災への寄付金に充てることもできるということも多くみられました。

 多くの企業では、保有株式数に応じて優待のグレードを数段階に分けています。長期保有することで、優待のグレードがアップするところもあります。

 優待の種類によっては、非売品で株主優待としてしか手に入れることができないものもあります。そのようなものは、オークションなどで転売することで、高値で売れることもあります。そうでなくても、例えばANAの株主優待の、航空運賃50%割引券などは金券ショップでも非常に人気があります。配当金利回りに株主優待の売却による利益を合計した、総利回りを重視する投資家も多くいます。

 株主優待は、実は日本独特の制度だそうです。自分が普段からよく利用する企業の商品だったら、いつもらっても嬉しいものですよね。



 
 配当金や株主優待は、値上がりによる売却益と比べれば得るために必要な時間や手間が大きいですが、その分安定したリターンが期待でき、まさに株式投資の醍醐味とも言えるでしょう。株式投資を行う際には、配当金を狙った銘柄選択もしてみてはいかがでしょうか。



 配当金関連のおすすめブログ
株は配当金を狙って
スポンサーサイト

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

テーマ : 株主優待
ジャンル : 株式・投資・マネー

人気記事ランキング
プロフィール
かっきー

社会人一年目 頑張ります

バリュー・グロース株への長期投資が基本。少額でスイングもたまにやります。

株式と先物はマネックス証券
FXはDMM FX
CFDはDMM CFD
をそれぞれメインで利用しています。
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
株式投資はやっぱり長期!とは言うものの・
投資は自己責任です。

このブログではみなさまと一緒に情報交換や勉強をしながら、お互いに投資家としてのレベルを高めていくことが目的です。

特定の銘柄に関する記事を書くこともありますが、その記事に基づく投資によって被った損失に関しては一切責任を負いません。

最終的な投資判断は、御自身でなされるようお願いします。
ブロとも一覧

資本主義の爆走~高校生が考える経済~


ブロともになる
相互リンクブログ新着記事
アクセスランキング


相互リンク募集中!
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

google検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。