スポンサーサイト






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

PERとPBR






今回は、割安株を探すための方法のひとつとして、代表的なPERとPBRを用いた方法を紹介したいと思います。

はじめにPERとPBRとはどのようなものか確認します。

まず、PER(Price Earning Ratio)とは株価収益率とも呼ばれるもので、株価が一株あたり利益の何倍であるかを示した指標です。一株あたり純利益は、(純利益)÷(発行済株式数)で求められます。

故に

PER=(株価)÷(一株あたり純利益)

もしくは

(株価)=PER×(一株あたり純利益)



の等式が成立します。


つぎに、PBR(Price Bookvalue Ratio)とは株価純資産倍率とも呼ばれるもので、株価が一株あたり純資産の何倍であるかを示した指標です。一株あたり純資産は、(純資産)÷(発行済株式数)で求められます。

故に


PBR=(株価)÷(一株あたり純資産)

もしくは

(株価)=PBR×(一株あたり純資産)




の等式が成立します。


これら二つの指標は、一般的にはその値が小さければ小さいほどその株は割安であるということを示します。

企業の成長性が見込めない場合などには、これらの指標の値が小さいまま放置されていたとしても割安な株価であるとはいえない場合もあるので、過信しないように注意しましょう。


それでは、PERやPBRは具体的にはどの程度であれ値が小さい(≒株価が割安)と言えるのでしょうか。

一般的にはPERは20倍程度、PBRは2倍程度を下回っていれば割安とされることが多いですが、現在のように市場全体が低迷しているときにはもう少し厳しめに見たほうがよさそうです。

また、同業種の企業と比較することによって、より割安度を分析しやすくなることもあります。

同業種の他企業との比較を行う際には、東京証券取引所の規模別・業種別PER・PBRYahoo!ファイナンスなどのような無料サイトが参考になります。


気になる株を見つけたら、ぜひこれらのサイトを使って割安度を分析してみてください。


しかし、先ほども述べたようにこれらの指標の値が小さい場合でも、その水準の株価で放置されているだけの理由があることも少なくないため、しっかりとその企業を分析して見極める必要があることを忘れないようにしましょう。

たとえば、法律の改正によって窮地に追い込まれている貸金業(ノンバンク)など考えると明らかですが、これからの業績の伸びが期待できない、もしくはさらに悪化することが考えられる場合にはどんなに指標が割安と示していても、手を出すべきではないでしょう。

株式市場全体の地合いが悪いときなどには、市場平均のPER・PBRの値も下がるため、ほかの株式や市場全体との比較も必要です。


PERとPBRは前決算日時点のデータを用いた現時点での割安度を測る指標であるため将来における「成長性」が加味されていません。

ほかの分析方法と併用して判断することが必要です。



以上、今回は割安株投資の第一歩として、PERとPBRを用いた分析方法を紹介しました。
スポンサーサイト

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

割安株を探せ!






今回は、長期投資家にとって欠かすことのできないキーワードのひとつである、割安株の探し方についてまとめてみようと思います。

まず、割安株とは「企業の利益や総資産などを用いて計算された”理論株価”と比べて、現在の株価が安い株」であるとほとんどの方が定義されているので、このブログでもこの定義を採用します。



さて、いきなり理論株価なんていう聞き慣れない言葉が出てきましたので、説明いたします。

一般的に理論株価とは、株価を一株あたりの利益で除して求めるPER(株価収益率)や、株価を一株あたりの株主資本で除して求めるPBR(株価純資産倍率)を中心にさまざまな指標を用いて、「これくらいの利益を上げてて、これくらいの規模の企業だったら、株価は大体これくらいがふさわしいだろう」というのを計算したものです。

投資家それぞれによって用いる指標が異なるため、その結果としてそれぞれ違った理論株価を算出しています。

格付け会社などが、”目標株価”などとして公表しているものは、それぞれの格付け会社に所属するプロ中のプロのアナリストたちが、あらゆる方法を用いて理論株価を計算しているものであるので、市場に与える影響は大きなものになっています。

割安株投資とは、このように理論株価を下回る株式に注目して投資を行い、将来その株価が理論株価に近づくように上昇することを期待する投資方法です。

株式市場とはおかしなところで、優良な銘柄が安値で放置されているということが少なくありません。

そのような株式市場の非合理性をうまく利用して収益を上げましょう。




割安株投資のメリットは、現在の株価が理論株価を下回っているため、大きく株価が下落するリスクが少ないと考えられることです。

理論株価に達するまで、株主優待配当金をもらいながら待つことができます。まさに長期投資にうってつけの投資方法であるといえるでしょう。



逆にデメリットとして考えられるのは、理論株価を高く見積もりすぎてしまう可能性による損失でしょうか。

「理論株価より安いから割安だ!」と思って買ったものの、その理論株価が高すぎるとしたら、株価がそこまで達する見込みは少なくなってしまいます。

投資家それぞれによって、理論株価の算出方法は異なっているものであるので、自分に適した方法を見つけることが大切です。



それでは、今回は割安株の定義だけで終わってしまいましたが、次回からは具体的にどうやって探していけばよいのか、その算出方法について書いていこうと思います。
姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます
人気記事ランキング
プロフィール
かっきー

社会人一年目 頑張ります

バリュー・グロース株への長期投資が基本。少額でスイングもたまにやります。

株式と先物はマネックス証券
FXはDMM FX
CFDはDMM CFD
をそれぞれメインで利用しています。
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
株式投資はやっぱり長期!とは言うものの・
投資は自己責任です。

このブログではみなさまと一緒に情報交換や勉強をしながら、お互いに投資家としてのレベルを高めていくことが目的です。

特定の銘柄に関する記事を書くこともありますが、その記事に基づく投資によって被った損失に関しては一切責任を負いません。

最終的な投資判断は、御自身でなされるようお願いします。
ブロとも一覧

資本主義の爆走~高校生が考える経済~


ブロともになる
相互リンクブログ新着記事
アクセスランキング


相互リンク募集中!
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

google検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。