スポンサーサイト






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

個人投資家にも広がるリスク分散商品






 四月五日に、シンプレックス・アセット・マネジメント株式会社が提供する「TOPIXブル2倍上場投信」と「TOPIXベア上場投信」という二つのETF(上場投資信託)が東京証券取引所に新しく上場しました。従来のETFとは異なる、非常に面白い特徴を持った商品だと思いましたので、紹介させていただきます。


 まずはTOPIXブル2倍上場投信のほうから。
これは、「ブル2倍」の名称の通り、TOPIXの変動率の2倍の変動率となるように作られたETFです。

 TOPIXの上昇が予想されるときに「ブル2倍」を買うことで、通常のTOPIX連動型ETFや一般の個別銘柄を買うよりも大きな利益を上げることが期待できます。また、逆に下落が予想される局面においては空売りを仕掛けることによって、大きな利益を狙うこともできます。少ない資金で大きなリターンを狙えるところが魅力的な、典型的なハイリスクハイリターン型の商品といえるでしょう。

 言うまでもないことですが、非常に荒い値動きであることで損失の増えるスピードもその分速くなることや、冷静な判断ができなくなることなどに注意することが必要です。
 


 次はTOPIXベア上場投信へ。
こちらは、変動率がTOPIXの変動率のマイナス1倍になるように作られたETFです。つまり、TOPIXの動きとは真逆に動くようになっています。

これを利用すれば、市場の変動リスクを消しとる、「市場ニュートラル」という戦略を信用取引を使わずに採ることができます。要するに、このETFを買うと同時に個別銘柄も買うことで、市場全体の地合いに関係なく、個別銘柄自体の変動リスクのみを取り出すことができます。このことにより、「期待できる銘柄はあるんだけど、TOPIXが下落しそうだから、この銘柄もつられて下がりそう」というような状況においても、その銘柄がTOPIXと比較して相対的に強ければ利益を得ることができます。




 今回上場したこれらのETFの登場によって、これまでは個人投資家では多額の資金が必要だったり、信用取引が必須だったりした戦略でも簡単に採ることができるようになりました。うまく利用して、賢くリターンを狙っていきたいですね。


にほんブログ村 トラコミュ 投資信託、ETF、ファンドへ
投資信託、ETF、ファンド


○参照
TOPIXブル2倍上場投信 http://www.tse.or.jp/rules/etf/list/b7gje6000002efqu-att/1568.pdf
TOPIXベア上場投信 http://www.tse.or.jp/rules/etf/list/b7gje6000002g1mc-att/1569.pdf
スポンサーサイト

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

テーマ : 株式投資、お得な情報、儲け話
ジャンル : 株式・投資・マネー

フェイスブック社の価値はいくら?






 (ウォールストリートジャーナル電子版 11月29日)によると、アメリカのフェイスブック社が、2012年4月~6月に株式公開(IPO)を検討していて、さらにその時価総額は1000億ドルにも上る可能性があるとのこと。

 時価総額とは、その会社の株式をすべて買い占めるのに必要な金額のことです。すなわち、(株価)×(発行済み株式総数)で表される数値で、会社の価値を示す最も重要な指標の一つとなっています。

 さて、時価総額1000億ドル(≒8兆円)といえば、日本で最も時価総額の大きいトヨタ自動車に匹敵するほどであり、世界で見ても少なくとも上位50傑にはランクインするレベルです。(参考:Marketgeek

 会社の価値というものは、当然利益の大きさや、保有する資産の金額などによって決定されるべきでありますが、果たして本当にフェイスブック社の価値はこんなにも大きいものなのでしょうか。
 



hasesさんのブログ、「財務戦略&投資マインド」の2011年1月の記事、「FaceBookはやはりスケールが違う」には、

(米国では)株主が500人未満の会社には(財務諸表などの)情報開示義務が無い。日本では50人を基準として継続開示義務を課しているのと比べ、「相当に緩いな」(中略)

フェイスブック社は既に、従業員とかベンチャーキャピタルとか多くの株主がいるようですが、499名以内につき情報開示をせずに済んでいるとのこと。それにしても、未上場企業で何百人も株主がいる会社は日本ではそうそう無いわけで、米国の「緩さ」に多少驚くわけです。



 とあります。少々古い記事なので、現在とは状況が変わっている可能性もありますが、米国における非上場株式の扱いの日本との違いに驚きますね。

 こんなこともあって、フェイスブック社の財務諸表などの情報は一般公開されておらず、インサイダーのみが把握している状態です。




 財務諸表が公開されない限り、我々一般投資家サイドからはその会社の価値を測ることはなかなか難しいです。ウォールストリートジャーナルがどのような方法で時価総額を推定したのかは不明ですが、おそらく世界に8億人というフェイスブック利用者の数を大きく評価したものと思われます。

 Googleは様々な方法で利用者の情報を集め、それをうまく利用することで大きな利益を上げていることで有名ですね。おそらく、フェイスブック社も8億人いる利用者の趣味・交友関係などをうまく収集し、利用することができれば、大きな利益を上げることができると評価されているのでしょう。
 



 世界に8億人もの利用者を抱える世界最大のSNS運営会社フェイスブックの上場に向けて、さまざまな憶測が広がり始めています。「ITバブルの再来だ」などのような、恐怖をあおる論調も時折見られますが、どちらにしろ明るいニュースといえるのではないかと思います。大規模なIPOで注目を集め、株式市場を活気づけてくれるといいですね。
姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

テーマ : 株価材料
ジャンル : 株式・投資・マネー

人気記事ランキング
プロフィール
かっきー

社会人一年目 頑張ります

バリュー・グロース株への長期投資が基本。少額でスイングもたまにやります。

株式と先物はマネックス証券
FXはDMM FX
CFDはDMM CFD
をそれぞれメインで利用しています。
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
株式投資はやっぱり長期!とは言うものの・
投資は自己責任です。

このブログではみなさまと一緒に情報交換や勉強をしながら、お互いに投資家としてのレベルを高めていくことが目的です。

特定の銘柄に関する記事を書くこともありますが、その記事に基づく投資によって被った損失に関しては一切責任を負いません。

最終的な投資判断は、御自身でなされるようお願いします。
ブロとも一覧

資本主義の爆走~高校生が考える経済~


ブロともになる
相互リンクブログ新着記事
アクセスランキング


相互リンク募集中!
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

google検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。