スポンサーサイト






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

ディフェンシブ銘柄






3月11日に発生した未曽有の大震災の影響で日経平均株価は大きく下落し、2ヶ月以上が経った現在においても依然として回復の兆しが見えていません。3月15日に8228円の安値を付けた後はいったん持ち直し、一時1万円の大台にタッチする場面もありましたが、再び下落し9000円台の中ほどでの推移が続いています。

以下は日経平均株価の過去6カ月の値動きを表したチャートです。


クリックでYahoo!ファイナンスへ


今回は、このように相場が荒れているときにこそ力を発揮する銘柄たちに注目してみたいと思います。
以下は【2282】日本ハム(株)の6ヶ月間のチャートです。


クリックでYahoo!ファイナンスへ


チャートを見るとわかるように、大震災による日経平均株価の大きな下落に合わせて一旦はさげたものの、その後速やかに上昇を始め、現在では震災前の水準まで回復しています。二つのチャートを見比べてみると、この反発力の違いがよく見えると思います。

それでは、どうしてこのような違いが生まれるのでしょうか。

簡単にいえば、日本ハムの商品はいくら景気が悪くなろうとも、国内で大事故が発生しようとも、大きく売り上げが減少することはなく、企業は毎年それなりの利益を安定的に計上することができると考えられるからです。このような優良ブランドを持ち、突然に人気が失われることが考えにくい企業や、特定の商品・サービスを独占もしくは寡占的に供給する企業は、今回のような大震災の後でも速やかに株価が回復する傾向があります。このような銘柄はディフェンシブ銘柄と呼ばれ、株式投資を行う上での重要なキーワードの一つとされています。一般的にディフェンシブ銘柄と呼ばれる業種には、食料品以外にも、医薬品・電気ガス業・陸運業・海運業・空運業などが挙げられます。これらの業種は景気の変動の影響が比較的小さいため、相場全体の動きに比べると値動きが小さく安定しているとされています。


次に紹介するのは、日本株のディフェンシブ銘柄の代表とも言える【4502】武田薬品工業(株)です。


クリックでYahoo!ファイナンスへ

こちらは、震災前の水準まで回復するには至っていませんが、日経平均がおよそ15%下落しているのに対して5%の下落にとどまっているということから、比較的下落幅が小さいことが分かります。



最後に紹介するのは、私自身も震災発生後に買った、【1540】純金上場信託(現物国内保管型)です。
これは、三菱UFJ信託銀行が運用し、東京工業品取引所の先物価格をベースに算出した金地金1グラムの現在価値(理論価格) 』に連動する投資成果を出すよう設計・運用されている、東証に上場するETFです。


クリックでYahoo!ファイナンスへ


「有事の金」などの格言にも表れるように、大災害や金融危機などの混乱期にはむしろ上昇する可能性が高い金価格に連動しているため、今回においても一時的に下落した後は大きく反発し、震災前の水準よりも高い所で推移を続けています。

こちらは、ETFすなわち上場投資信託であるので一般的な株式とは異なるために、いわゆるディフェンシブ銘柄に分類するのがふさわしいのかの判断が難しいですが、株式と同様に証券会社を通じて取引を行うことができるので、取り上げさせていただきました。




このほかの銘柄の値動きについては、ぜひご自身の手で調べてみてください。
株価だけではなく実際の業績の変動も調べてみると、業種間の違いが浮き彫りになり、興味深いデータが得られるかもしれません。

このように、ディフェンシブ銘柄は安定しているとはいえども、そのときどきの各銘柄の状況にはやはり注意する必要があります。たとえば、現在の電力や空運などのように特定の業種が大きなダメージを受けているとするならば、それがたとえディフェンシブであるとしても当然株価は大きく下落する可能性があります。

景気が好調で相場全体が元気なときには相対的に小さなパフォーマンスしか得ることができませんが、現在のように相場が落ち込み続けているときにも安定した成果を上げることができます。株式投資において、一部にこのような銘柄を組み込んでおけば、景気の変動や大事件があったとしてもダメージを軽減できるかもしれませんね。

スポンサーサイト

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます
関連記事

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

人気記事ランキング
プロフィール
かっきー

社会人一年目 頑張ります

バリュー・グロース株への長期投資が基本。少額でスイングもたまにやります。

株式と先物はマネックス証券
FXはDMM FX
CFDはDMM CFD
をそれぞれメインで利用しています。
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
株式投資はやっぱり長期!とは言うものの・
投資は自己責任です。

このブログではみなさまと一緒に情報交換や勉強をしながら、お互いに投資家としてのレベルを高めていくことが目的です。

特定の銘柄に関する記事を書くこともありますが、その記事に基づく投資によって被った損失に関しては一切責任を負いません。

最終的な投資判断は、御自身でなされるようお願いします。
ブロとも一覧

資本主義の爆走~高校生が考える経済~


ブロともになる
相互リンクブログ新着記事
アクセスランキング


相互リンク募集中!
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

google検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。