スポンサーサイト






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

オリンパスは”買い”か






 不正な会計報告が明るみになったことで、取締役の辞任や上場廃止懸念が噴出するなど、オリンパスがいろいろな面で世間を騒がしています。直近高値から半値以下になっていることから、投資を検討している方もいらっしゃると思います。そこで、オリンパス株への投資に関して、長期的な目線で個人的な見解を述べたいと思います。



 まず株価を確認すると、11月末現在の株価は1003円で、PER36.51倍 PBR1.64倍となっています。メガバンクや大手電機メーカーがPBR0.5付近にあることを考えると、上場維持や取締役人事に関する不透明感も依然としてある中で、この水準はありえないほど高いといっても過言ではありません。せめて、市場平均の同業種平均などと比較し、それらよりも十分に安いところを狙うべきでしょう。

 さらに、それぞれの指標は現在提出されている会計報告をもとに算出されているため、今月14日に提出される予定の修正版を受けて、数値も大きく変わることが考えられます。仮に、一株あたり利益や一株当たり純資産が下方修正された場合には、PERとPBRの値も悪化することになるため、十分に注意する必要があります。



 しかし、十分に安いところならば、万が一上場廃止になったとしても投資するうまみがあるかもしれません。内視鏡やICレコーダーにおいて世界で7割のシェアを誇るとともに、カメラ事業などに関しても十分な知名度を持っており、将来においてもそれなりの利益を出し続けられる公算が大きいと考えられます。

 今回の騒動を受け、銀行や取引先などからの信頼が失われてしまったことから、短期的には資金繰りや売り上げの面で厳しい局面を迎えることは間違いないと思われます。また、長期借入金の多さや自己資本比率の低さも気になるところでしょう。

 ただ、取締役人事の刷新などを経て以降も現在のような技術力やブランド力を維持することができるならば、長期的には次第に信頼も取り戻すことができるでしょう。

 

 足元の株価を見る限りではあまり魅力のないオリンパス株ですが、再び大きく下押すような場面では、長期的な目で見ても投資妙味があるかもしれませんね。
 
関連記事
スポンサーサイト

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

人気記事ランキング
プロフィール
かっきー

社会人一年目 頑張ります

バリュー・グロース株への長期投資が基本。少額でスイングもたまにやります。

株式と先物はマネックス証券
FXはDMM FX
CFDはDMM CFD
をそれぞれメインで利用しています。
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
株式投資はやっぱり長期!とは言うものの・
投資は自己責任です。

このブログではみなさまと一緒に情報交換や勉強をしながら、お互いに投資家としてのレベルを高めていくことが目的です。

特定の銘柄に関する記事を書くこともありますが、その記事に基づく投資によって被った損失に関しては一切責任を負いません。

最終的な投資判断は、御自身でなされるようお願いします。
ブロとも一覧

資本主義の爆走~高校生が考える経済~


ブロともになる
相互リンクブログ新着記事
アクセスランキング


相互リンク募集中!
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

google検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。