スポンサーサイト






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

ドル円相場、反発の兆しか






 10月末に行われた円売り介入によって一時79円台半ばまで円安が進んだドル円相場ですが、その後は一旦円高に振れたものの、現在では77円台半ば付近で推移しています。

 今年行われた為替介入では、一時的に大きく円安になった後は数日で元の介入前の水準に戻っていたことを考えると、比較的長く介入効果が持続していることになります。



 テクニカルの面では、ドル円相場は長期の抵抗線付近の水準にあり、ここを抜けるかどうかがしばらく焦点となりそうです。

 現在、為替市場が意識していると考えられるファンダメンタル的な要素を、円安(ドル高)、円高(ドル安)のそれぞれに分類すると、だいたい以下の通りになります。

○円安材料
・日本国債格下げ懸念
・為替介入
・アメリカの景気回復期待

○円高材料
・日米間ハイパワードマネー比
・日米間金利差縮小
・欧州の財務問題

 現在のところ円高材料に向いている投資家たちの意識が、円安材料に向き始めることになれば、トレンドを変化させるに十分なエネルギーを産みだすことになると考えられます。

 仮に現在もみ合っている水準を上抜け、80円台を狙う動きを見せるようであれば、2007年初頭ごろから続く円高トレンドの終焉と判断してもいいのではないかと思います。


 一方、長期抵抗線を上抜けることができなかった場合には、円高トレンド継続ということになり、再び為替介入などの円安材料との綱引きが始まることでしょう。




 テクニカルな面で正念場を迎えているドル円相場ですが、今後数週間程度の値動き次第で来年の方向性が大きく決定づけられることとなりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

人気記事ランキング
プロフィール
かっきー

社会人一年目 頑張ります

バリュー・グロース株への長期投資が基本。少額でスイングもたまにやります。

株式と先物はマネックス証券
FXはDMM FX
CFDはDMM CFD
をそれぞれメインで利用しています。
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
株式投資はやっぱり長期!とは言うものの・
投資は自己責任です。

このブログではみなさまと一緒に情報交換や勉強をしながら、お互いに投資家としてのレベルを高めていくことが目的です。

特定の銘柄に関する記事を書くこともありますが、その記事に基づく投資によって被った損失に関しては一切責任を負いません。

最終的な投資判断は、御自身でなされるようお願いします。
ブロとも一覧

資本主義の爆走~高校生が考える経済~


ブロともになる
相互リンクブログ新着記事
アクセスランキング


相互リンク募集中!
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

google検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。