スポンサーサイト






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます

指原はなぜ”助かった”のか~深まるメンバー間の相互依存~






AKB48の指原さんが、AKB「加入後」に男性との交際をしていたことが週刊誌によって暴露され、博多を拠点とするHKT48への移籍を命じられたことが話題となっています。

かつて、「加入前」のプリクラ1枚流出しただけで一発KOとなったメンバーがいることを考えれば、今回の処分はかなり甘いのではないかという印象があります。

それでは、なぜ指原はこのように”助かった”のでしょうか。
そこには、あまりにも大きくなりすぎたAKB48の、「成熟したアイドルグループ」としての病理が潜んでいるように感じます。

説明のために、まずはこちらの画像を見ていただきたいと思います。
アイドルの貸借対照表
これは、グループに所属するアイドルたちの持っている価値を明確に表すために、企業の決算書で使われる貸借対照表(バランスシート)を応用してみたものです。

グループは、メンバーに対して「カンバン」を貸し出し、メンバーはその看板を背負うことで活動の場を獲得していくわけです。メンバーから見れば、そのカンバンは自分の力で獲得したものではなく、あくまでも借りているものに過ぎないことから、企業でいうところの負債に当たります。

カンバンを借り入れたメンバーには、返済期限(アイドルとしての寿命)が来る前にアイドルとしての経験値をできるだけ多く稼ぎだし、自己資本比率を高めていく努力が必要となります。努力の結果、晴れて「円満な卒業」を果たすことができて、ようやくカンバンという名の負債の返済ができるのです。もっとも、しばらくは「元メンバー」としての看板を背負った活動の割合が多くなるため、全額返済はかなり時間がかかります。

カンバンの以外に貸し出されるものとしては、「ごり推し」があります。これはプロデューサーの力によってメディア露出を急速に増やすものです。この意味では、指原に対して尋常ではないほどの貸し出しが行われていたことは皆さんも感じていたと思います。

なぜ指原のごり推しは行われたのでしょうか。そのためには、AKBの現状を今一度再確認する必要があります。
成熟過程
完成度が低くて申し訳ないのですが、言いたいことは伝わると思います。

現在のAKBはフェーズ3に位置していて、成熟したアイドルグループとして分類されます。この段階になると、「いつものメンバー」「いつものイベント」というように、ファンの視点から見るとマンネリ化しがちになります。

この状況を打開するために秋元康さんがとった戦略の一つが、指原の「ごり推し」だった訳です。以前はそれほど目立っていなかったメンバーをピックアップし、AKBの新しい姿、新しい価値観の提供を目論んだのでしょう。

このタイミングでの今回の騒動ですから、さすがの秋元さんも悩んだことと思います。

人気メンバーが「デフォルト」し、ごり推しという債権が焦げ付き、不良債権化してしまえば、グループ自体のバランスシートも激しく毀損します。そうなれば、グループの運営も立ち行かなくなり、たちまち崩壊へとつながっていきます。

今回の指原のケースは、本来であればそのまま脱退という処分で終わるところでしょうが、指原の抱える負債の大きさを考えると、とてもそのような処分をすることはできなかったため、移籍という形の救済が行われたのでしょう。まさに"too big to fail"と言ったところですね。

グループの知名度が大きくなるにつれてメンバー間の相互依存も深まり、一人の脱落がグループ全体に与える影響も大きくなっていきます。現在のAKB48の状況は、まさに「一蓮托生」の様相を呈しているといえるでしょう。

このような成熟したアイドルグループならではの苦悩に対してどのように向き合っていくのか、秋元康さんの手腕に期待したいところです。

--------------------------------

この記事と同様に、アイドルを経営学や投資家の目線で見て分析したものはアイドル工学カテゴリーにまとめてありますので、興味のある方は是非ご覧ください。


-------------------------------
元記事 2012年6月16日
この記事は、このブログの本来のテーマとはあまりにもかけ離れてしまっているため、はてなブログの方に移しました。近いうちにこちらのブログの方は削除します。
姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます
関連記事

【銘柄研究】3644 1stホールディングス






 今回紹介するのは、東証二部上場の<3644>1stホールディングスです。B to Bの企業なので、一般的な知名度は低い方だとは思いますが、その分「隠れた優良企業」として投資妙味があるのではないでしょうか。
 事業モデルとしては、

1stホールディングスグループは、企業の情報活用に欠かせない情報のアウトプット分野に特化したソフトウェアビジネスと、企業のインターネットセキュリティの分野に特化したサービスビジネスに取り組む、製品開発・販売・サポート・サービスを提供する会社で構成されています。
革新的な技術力と製品開発力、お客様の課題解決をはかる提案力、製品・サービスを利用されるお客様への手厚いサポート力によって、新たな市場を創造し、企業の情報活用を支援しています。


 とのことです。(公式ホームページより
 
「情報分析・意思決定支援ソフト」の「Dr.Sum EA」が主力製品(だと思います)

○高い顧客満足度
 ホームページのトップにも大きく掲載されているように、顧客からの評判は非常にいいようで、同社もそれを誇りに思っているようです。
 
 実際の導入事例を見てみると、一流企業の名前がずらりとならんでいて、同社の製品のブランド力の高さがうかがえます。

○高い利益率とレバレッジ経営
 ROEが47.58%と、とんでもなく高い水準になっています。ただ、ROAは15.8%となり、十分高いもののROEと比べると見劣りする印象です。このような状態になっているのも、他人資本による経営、すなわちレバレッジ経営によるものです。

 他人資本(負債ですね)を多額抱えているということは、自己資本比率が低いということであり、財務状況は良いか悪いかでいえばよくない方にはなりますが、自己資本だけでは行えない規模とスピードで経営を行うことができ、高い利益水準を達成することができます。もちろん、利益が減ったり、ましてや赤字になれば一気に傾くことになります。

 その意味では、同社はレバレッジ経営のお手本のような企業であると言えるでしょう。ただし、これまではうまくやれていたとしても、それが将来にわたって継続できるかの保証はないため、常に動向を監視し続ける必要はありますね。

○いろいろとトレンドをおさえている
 「クラウド」「ビッグデータ」「情報活用」「タブレット」「Webフィルタリング」のような、最近ニュースや新聞でもよく目にするようになったキーワードをしっかりと押さえています。これから数年かけて大きく成長すると予想されるこれらのテーマに早い段階から参加できていることは、将来に強みとなるかもしれません。

 実際にどのテーマがどれくらいの期間にどれくらい成長するのかは現段階ではわかりませんし、同社がどのように考えているかも正確にはわかりませんが、少なくとも大ゴケするようなことはないのではないかと思います。

○株主還元
 配当はかなり高い方です。利回りでいえば、この記事を書いている時点で3.64%あります。これに加えて、株主優待としてクオカードももらえます。さらに、クオカードの額も3年以上の長期保有者には通常の2倍となり、配当・優待が好きな投資家にとってはうってつけと言えますね。

 ただ、個人的にはこのような高い水準の株主還元は、若い企業にしては「やりすぎ」なようにも感じます。株式会社である以上は利益が出れば株主にお返しするのは当然ではあるものの、それと同時に、将来の成長のために投資をし続けるのも義務であるのではないでしょうか。成熟企業であれば「現状維持」でもまあいいかとは思いますが、同社のようなイケイケな企業がこんなに配当しちゃってもいいのかな?と思ってしまいます。もちろん、利益を全部配当しているわけではなく、投資や内部留保にも回していることは理解していますが、その割合は適正なのかは気になります。

 文句みたいなことを書きましたが、このような還元も高い利益率だからこそなせる業であって、普通の企業ではマネできない「ぜいたくな悩み」だととらえればポジティブに感じられるかもしれませんね。

○株主構成
 外国人持ち株比率が15.8%と、思ったよりも大きいなという印象です。また、複数の投資事業会社が大株主に名を並べているので、気になる人には気になるかもしれません。
 
 第二位の株主(11.5%)は「自社」となっており、株価の上昇はそのまま同社の保有資産価値の上昇につながるという構造になっています。


○業績予想と目標株価
 業績については、同社自身と「会社四季報」が予想していますので、そちらを参照していただきたいです。

 その予想業績に基づいて目標株価は950円に設定します。BPSがまだ小さいため、PBRで見ると少し高いなと感じるかもしれませんが、PER12.5程度なら許容範囲だと思います。
姉妹ブログ
クソどうでもいいことを真面目に書きます
関連記事

テーマ : 株式投資、お得な情報、儲け話
ジャンル : 株式・投資・マネー

人気記事ランキング
プロフィール
かっきー

社会人一年目 頑張ります

バリュー・グロース株への長期投資が基本。少額でスイングもたまにやります。

株式と先物はマネックス証券
FXはDMM FX
CFDはDMM CFD
をそれぞれメインで利用しています。
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
株式投資はやっぱり長期!とは言うものの・
投資は自己責任です。

このブログではみなさまと一緒に情報交換や勉強をしながら、お互いに投資家としてのレベルを高めていくことが目的です。

特定の銘柄に関する記事を書くこともありますが、その記事に基づく投資によって被った損失に関しては一切責任を負いません。

最終的な投資判断は、御自身でなされるようお願いします。
ブロとも一覧

資本主義の爆走~高校生が考える経済~


ブロともになる
相互リンクブログ新着記事
アクセスランキング


相互リンク募集中!
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

google検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。